Posted by at

2015年07月13日

選べない「偶然と必然」があなたのキャリアを形作る?!

売上を日本一にした少し前まで、毎日売り場でTOPを目指しながら

ふとした時に心の中で「じぶんはこの仕事でいいのか・・・」とも考えていました。

実は販売の仕事は自分が望んでいた仕事ではありませんでした。

もっと言えば売り場に立って1年くらいは、

月に一回は「辞めたいな・・」と思う瞬間がありました。

そんな瞬間も多々感じつつも、販売の仕事を続けていた理由は一言で言うと

「働いて生活費を稼ぐしか選択肢がなかった」

からです。

生活費を稼がなくていい立場であれば先生になる学校へ行くつもりでした。

でも運命は働く方へ私を誘導し偶然にある職場に引き合わせ

そして安易に辞めることができない状況に置きました。

「自分にあった働き方」「自分の個性を生かした働き方」

などというフレーズはごく最近の思想で、

自分に合った職業を自己分析して選択してライフプランを考えるなんてことは

当時、殆どの人がしていなかったと思います。

私の場合はそれに加えて、今日食っていくために仕事をしないといけない状況でした。

働くしかなかったですが、その偶然出会った仕事が自分に合っていたことは確かです。

また仕事を教えてくれる周りの人にも、恵まれていました。





他にも当時、仕事経験で印象深く刻み込まれた感覚があります。

それは、

●3年働いてみて社会の仕組みと接客業の社会的ポジションが見えてきた

●3年働いてみて自分が「何者か」がわかってきた


ということでした。

振り返るとキャリアをスタートさせる時に

「その道しか選べなかった」

というのは実は大切な要素ではないかと思っています。

人間っていうのはどうしても自分に甘いので

やたら動き回るより一箇所で掘り下げることができる環境に

ムリヤリ身を置くことは有効だと思っています。

そこからやっと、何かのスタート地点に立てると思いますね。

そして、もう一つ。

毎日毎日同じ売り場にいると、

自分が得られる情報量がとても少ないことも感じていました。

その感覚は今の教育プランや研修カリキュラムにとても影響をしています。  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 19:21Comments(0)自己分析

2015年06月01日

虹色の扉

虹色の扉を創りたくて一心不乱に色を塗っていた。

塗っているとさまざまな「こだわり」が現れて

細部まで作りこみたくなることが誰にでもあると思う。

自分の満足や心の解放のために「こだわる」ことは

悪いことではなく、むしろ必要なこと。



けれど、本当は扉は「塗るため」にあるのではなく

「開けるため」にあることを思い出してはっとする。

扉をよくみると、鍵が掛かっていると感じる。

扉の鍵はどこにあるんだろう?と

真剣に探さなければ一生鍵は見つからない。


鍵が見つかっても開ける勇気があるか。

期待した風景と違う風景が広がっていたら。

失望したくないと臆病になる。




綺麗な虹色のこの扉は、いつ開くの?

扉そのものに色を塗っていても現実は変わらない。

扉はとても美しくなるだろうけどそれはそれでしかない。


扉の向こうにあるなにかに手探りで綺麗な色を付けていくことには

もしかするとなんの見返りもないかもしれない。

それでも向こう側の風景に焦がれ、色を空想する。

リアルに空想できたとき、

きっと扉と未来は一体になっていて境目もなく、

見たこともない素晴らしい色と、風景。













  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 00:48Comments(0)自己分析

2015年04月05日

リーダーのための「あいうえお心構え」チェック

入社式も終わり多くのリーダーが本格的に新人を

育てていく実働に入ったことと思います。

なんでもそうですが、人材育成は特に「最初が肝心」

今日はリーダーの持つべき心構えをわかりやすく「あいうえお」

作成したので是非チェックをしてみてくだいね。

□あ「与えすぎない」
 リーダーから事細かにやり方や答えを与えすぎると、一年後には立派な「指示待ち人材」が育ちます。気をつけましょう。

□い「以心伝心はないと心得る」
 一度伝えたからといって、仕事の真髄は伝わっていません。同じこと100回淡々と伝えてやっと、正しく伝わると思いましょう。初めから100回と思っていれば苦になりません。

□う「上から目線で接しない」
 最近の若年者は「ビビリ」やすいので、リーダーの「上からスタンス」だけで萎縮します。あくまでも人格を尊重して理論的に伝え、無駄なビビらせは無意味と心得ましょう。

□え「枝葉ばかりをやらせない」
 仕事の根幹を理解させるのは手間がかかるので、ついさしあたっての枝葉の指示ばかりしていると一年後には「流れ作業員」ばかりが育っている状態になります。今の若年者は経験した細切れの事象に一連の意味づけすることが苦手です。最初から「仕事の目的」=「ゴールにするもの」を伝えておきましょう。

□お「穏やかに叱る」
 叱らないと伝わりませんが、感情的に激しく叱ると心が粉砕する若年者が増えています。はっきりとポイントだけを穏やかに叱ってください。「上から目線で接しない」と矛盾するようですが、月に一度くらいはポイントで叱れないと、リーダーは舐められて終了、です。




リーダーが頑張っても肝心の新人が素のままでは成果が上がりません。
せっかくなので新人さん向け「あいうえお心構えチェック」も作りましたのでどうぞ。

□あ「甘えすぎない」
職場は一人前の大人の来る場所です。会議中トイレに行っていいかとか、訪問先にリュックで行っていいかなどどいう、クソつまらない質問を忙しい先輩にしないこと。

□い「いつまでも学生気分でいない」
職場は学校ではありません。SNSに職場の悪口を書いたり、ライバル企業の噂を書いたりするのはまともな社会人ではありません。また、友人の職場(売り場)へ行き、だらだらとおしゃべりするのも学生気分が抜けていない証拠。カッコ悪いですね。

□う「受身で仕事をしない」
起こった出来事や指示に「対処している」限り、立派な社会人にはなれません。「与えられる」ことが当たり前の世代には酷ですが、仕事は自分で「取りに行くもの」です。与えられた仕事を行うだけでお金が貰えると思った大間違い。それどころか、思考力もサバイバル力も身につけられず、受身のままあれよあれよと戦争に行かされる時が来ます。

□え「映像に騙されない」
情報が多すぎる今の時代、画像や映像だけでしか知らないことが、実態より大きく見えてしまう現象が起きます。ネットの中と現実は違います。自分で見聞きして判断し、実際に行動して初めて本当のことがわかります。

□お「怒られることを怖がらない」
怒られなかったら、自分の間違いは一生わからないままです。凹むという一時的な自分の気分の回避と、自分の一生に関わる仕事力を磨くチャンスを天秤にかけて、楽な方を選べば人生末路は明らかです。


2015年春爛漫です。
頑張りましょう。
  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 19:09Comments(0)自己分析

2015年03月02日

好印象度を劇的に上げるたった一つの事とは?

今日のお打ち合わせの時に、店舗のスタッフの方からご質問がありました。

「今の商品の見せ方どうでしょうか?なんだか平坦な見せ方しかしていないのが気になります」

人間は「見た目の印象」がベストでない時、実はなんとなく自分でも感じているものなんです。





じつは人が好印象を抱けないことには「法則」があります。

それは、

「動いていたほうがいいものが動いていない」時。

「動いていたほうがいいものは動かす」ことが、たった一つの好印象度アップの方法なのです。


動いていないと印象が悪くなるものとは

個人で言えば
●目線と表情
●声の音程

お店で言えば
●店内でのスタッフ全員
●商品陳列


これらが動いていないのであれば適宜、個人やお互いでチェックし合い、


お客様へのリアクションが鈍くなっていないか見直しましょう。


売上が不振のときには上の項目を「意図的に動かす」ことで


印象度は200%以上アップし、数字が変わります。


最後に、意図的に動かす時に最も動いていないといけないのは


「五感と頭脳」であることは言うまでもありません。
  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 23:25Comments(0)自己分析

2013年05月27日

接客の極意なんてあるの?

お客さまを虜にするひと言!

絶対にうまくいく販売術!・・・などは


じつはないです^^


逆に、「期待を超える接客」をソガイするものは以下の行動!





な振る舞い


ごまかしうそ


お客様個別に考えていないワンパターンの接客


めんどうがる(´Д` )


お客様の買う買わないを気にする


お客様の時間を無駄遣いする


お客様の都合を最優先にしない


他の販売員と同じことしかしない


お客様にとって必要のない知識を話しすぎる


会話をで終わらせていない


固定観念がある


ほとんど意味のないセールストークをする


「やってみます」と言えず「できません」と言う


商品を店のモノと思っている



期待を超える接客をするには、


まず自分の上記の行動に気づくこと


そして、より良い接客になるよう自分なりの工夫をしていくこと。


それ以上はありません。  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 23:51Comments(0)自己分析

2013年02月11日

お店作りの「引き算」はセクシーさと似てる?

TVで先日、サトエリが言ってたオシャレのコツ。


腕を出したら足は出さない

胸開きを大きくしたら丈は長めに

短い丈を着るなら胸元や腕は隠す


要するに「出しすぎ」「隠し過ぎ」

セクシーじゃないってことですね。





女性のセクシーさが男性を惹きつける要素なら

店舗の見せ方についても同じで

「引き算」をしたほうがお客様からは魅力的です。


たくさん見せすぎでは中に入りたくならないし

全く見せていなければ入りづらいし。




引き算の仕方は簡単です。


たくさん陳列する場所1~2点を置く場所とを


はっきりメリハリがわかるように区分けしておくこと。


そうすると不思議に商品が綺麗に見えるのです


それだけで手にとってもらえる率と


買い上げ率が劇的に変わります。


要は「対比」がお客様を誘引する秘訣です。


対比についてはまた次回詳しくお伝えします。









  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 21:50Comments(0)自己分析

2013年02月05日

それ、誰に売りますか??

基本の準備が出来たら

メインのディスプレイを行いますが、

その前に確認しなければいけないこと。

それは

「誰に買ってもらうためのディスプレイなのか?」ということです。

みなさんのお店には「ターゲット」がいると思います。

お店の商品を売りたい「お客様像」ですね。

いろんなお店を見て回っていて時々、

「こ、これは一体誰が欲しいと思うものなのであろうか???」

とおもうディスプレイを見てしまうと

「ああ、誰に売りたいのかさえわからなくなってしまったのねぇ・・・」

と同情します。笑。





ディスプレイを作る前に

いつ

どこで

誰が(これを詳しく!)

何を

なぜ

どのように


をもう一度紙に書きましょう!

いわゆる5w1Hを明確にします。

そうすると

「あっ!ターゲットと全然違うモノになるところやった!あむないあむない!」

と、気づくようになります。


紙に書いてしっかり確認できたら

あとはターゲットのお客様達が

「ア、ワタシ、コレ、イマホシイ!!!」
と思うようなコーディネイトにすれば

どんどん売れると思います。


写真は今冬のバーニーズニューヨークのパンフレット。

オープンからここのパンフはお洋服の一点一点の写真パンフでしたが

やっと「どんな人に何をどんな風に組み合わせて」着て欲しいのか

ひと目でわかるようになり嬉しい限りです。



  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 01:29Comments(0)自己分析

2012年12月02日

自信の真相

たくさんの生徒の中には研修で全く笑顔や大きな声を出せない人が居る。

お腹から出す、とか口を大きく開ける、とか方法論はいろいろあるけれど、心理的に何かがネックになっている。

「大きな声や笑顔が出ないのはなぜだと思う?」

「・・・自信がないからです」

「何に自信がない?」

「自分の動作とか表情とか、、、人から見て、、正しいのかどうか、、」

「特にどこが自信がないですか?」

全部です(即答)」

「自分の全部?」

「はい・・・・(暗い顔)」

「いつからですか?」

「・・・・?・・・えと・・(困り顔)」

「生まれた時からですか?」

「・・・・・高校のとき、いろいろあってからです・・」

「じゃあ、中学までは大丈夫だったのね」

「・・・・・・(不思議そうな顔)」

「あなたが自分にただの一つも自信が持てなくなってしまうようなこと、高校生のときに誰が言いましたか?」

「・・・・・(真剣顔)」

「自分に全くいいところがないって誰が言ったか覚えてますか?」

「・・・・・(うつむく)」

「もう、そのメッセージは捨てましょうよ。あなたが言われたそのメッセージは間違い。誰かに言われたことをあなたが真に受けて、そう思い込んでる幻想だから」
  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 23:26Comments(0)自己分析

2012年10月25日

人も店舗も自分の姿がよく見えるには良いパートナーが要る?!


多くのお店を見ていると人と店舗はよく似ているなと思う。

以下は店舗の進化4段階です。


第一段階
自店のことが客観的に見れておらず売上が増えず利益が出ていない


第二段階
自店のことが客観的に見え始めているが改善策が分らず、売上が増えず利益が出ていない


第三段階
自店のことが客観的に見えていて改善策を策定できており実行に移して、売上が増え利益が出ることが見え始めている


第四段階
自店のことが客観的に見えていて改善策を仕組みに落とし、利益が出続けている


「店舗」を人に入れ替えても同じと思う。自分で利益が出せる人を「人財」という。

会社にとって宝物だ。

店舗も人も自分の客観視はとても難しいので、その視点を持てるパートナーが要る。


その人は

「気付かせて」


「伝えて」


「引き出して」


「モチベートする」

ことができる人だ。

その人は「インストラクター」「コンサルタント」「カリスマ」・・・あるいは「マスター」と呼ばれるかもしれない。笑。


(写真はコンサル企業さまの店舗スタッフの人財力アップの取り組みでのBefore after。
ほんの少しだけの姿勢と立ち方と表情の指導でかなり印象が変わる)
  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 14:06Comments(0)自己分析

2012年10月14日

コスモス日和

ずいぶん涼しくなって公園は秋のお花で彩られていました。

ファッションの店舗ももう今秋物真っ盛りで華やかに彩られています。

今年のアパレルの上物(コートやジャケット)は動き出しが鈍く今後もっと気温が下がるまで期待薄だそうです。

しかし、ひねりがあるもの、今までなかったもの、うまくトレンドミックスがされているものは気温にかかわらず売れています。

山ガールが流行ったときスポーツウェアに今までなかったファッショナブルなものが増えびっくりしましたが、

まだまだ掘り起こされていないニーズはあるような気配がします。

反面、「もうこれ、いらん・・・」というモノも市場にあふれている気がするんですよね。

実績の分析も大事だけど、もっとシンプルに「気分」を読み取ったモノづくりが必要だと思います。


  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 21:31Comments(0)自己分析