スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2017年02月25日

プレミアムフライデー視察

昨日、全国で始まったプレミアムフラーデーですが、実際に15時で就業終了を行えた企業はかなり少ないのが現状のようですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000105-san-soci
福岡ではどうなのか、まだ数字を確認できていませんが感覚としては博多も天神も結構人出が多い!と感じました。プレ金の取り組み内容として以下が見受けれらました。


1.体験型
  
工作やワーク、施術や各種スキルを持つ店舗での「体験」ですね。ただ、自分が興味のあるワークが丁度開催されていれば行くかな?といったところ。体験する「場所」も大切で、施設のエスカレーター脇だったり、スタッフさんから丸見えの場所だったりだと、激行きにくい。。。ハズカシイですもん!(意外でしょうか☆)

気になった点は、盛況なのは「無料」「半額」と設定しているところばかりだと思います。インパクトがないと厳しいようですね。先行しているソフトバンクの「スーパーフライデー」がインパクト大きですからね・・・。主旨は違うと思いますが。

2.激安型
この日だけ半額!この日だけプラスもう一点!などの激安型。緊急性を煽られるので、アルコールプレゼント型の企画でほろ酔いになったあとなどに遭遇すると「落ちやすい」ですよ。笑。品質に自信があればリピートはあるでしょうね。まずは体感してもらうことが重要です。

3.プレゼント型
アルコールやお茶などの全員プレゼント的な企画は時間限定の盛り上げ企画。通る人で遠慮している人はほぼいなかったですね。がっつがっつ持ってかれてました!タダほど強いものはないようです。ただそれがどう次の消費につながるのか???? 私はほとんどイメージできないので、これは「お祭りだからサービス」と考えたほうがいいのかもしれないですね。まず施設に来てもらうことが最大の成果なのでしょう。

4.福袋型
この企画は時期的にはビンゴでしょう。良い物が手頃な価格になるなら「ギフト需要」に見事にはまります。コスパがいいですもんね。予算内でいかに喜ばれるものをと考えると、いつも選ぶのに苦労するので、セットしてもらってたら2秒で買えますよ。実際私は2秒で決めましたし。これはパーッケージがスタイリッシュだったので決め手になりました。とても大事な要素です。フォトジェニックですよね~♥(フォトジェニック=写真映え。SNS映えする場合に使われる最近のトレンド用語です)でも、このような企画は他はほとんど見かけなかったのが残念ですね。。。





所感としては、「まだまだまだ思い切りが足らないな~っ!」と。街全体が様子見な感じという印象です。今後あっと驚くような企画が出てくるかとても楽しみです。
私も「プレミアムフライデー」に限定のびっくり企画がやれたらいいな。なにか面白い策がないか、来月までに練り練りすることにします。





  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 18:42Comments(0)マーケティング

2017年02月24日

今日はプレミアムフライデー

今日はプレミアムフライデーの初回。

実際に15時で就業が終わる企業がどのくらいあるのかわかりませんがサービスを提供する業界側では様々な企画が用意されているようです。月に一回くらい、お休み前の金曜日まだ明るいうちに帰れるのはとてもうれしいと思う。自分は対象外(笑)ですが、もし自分だったら何をするか考えてみました。

最もやりたいことは・・・

日帰り温泉かな~ 
まずはゆっくりしたいよね。笑!
(福岡市内からほど近い久山温泉ホテル夢家さんはインスタの発信がいつも楽しい!→ホテル夢家 http://hotelyumeka.co.jp/


友人と行動を合わせられるなら、街に出るかもしれない。
普段いかないエリアに行ってみたり、偶然引っかかったイベントに絡んだり・・
カフェはしごは必須で、だらだら話したり、、ウィンドウショッピングをしながら「あ、これ欲しかったんだよね!今日買っちゃおうか?どう思う??」などと会話しながら、衝動買いの言い訳を探しつつ、テンションが上がるかもしれない。ヤバイ。




しかしながらサービスを企画する側は、一層ターゲット客のマーケティングが必要になるでしょうね。
昨夜目にした、ある商業施設のイベント企画に「シャンパン1杯プレゼント!」的な内容があり、FBページに「またアルコールイベントか」ってコメント書き込みしている方がいらっしゃった。。。わざわざFBページを見てるわけだから、その施設の顧客層であるはずだ。ターゲット顧客層が望む企画は変化している可能性が高く、これまでと似たり寄ったりでは集客に効果がないのではないか?と感じます。

企画するときに「集客に期待」して企画を考え、流れ客の引き込みを画策しても失敗しそう。
どう過ごそうか決めていないターゲット顧客が「これ行くしかないよね!」と思わせるインパクト、魅力が一体なんなのか??
これを機に私も、今日の街中の動向を見て、再度深堀りしてみようと思います。
  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 00:58Comments(0)マーケティング