スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2012年12月31日

同じ商品をまだまだ売る見せ方

細かい雑貨などの陳列は雑然としやすいので


①ルールを決めて分類


②構成を決めて並べる


で綺麗になり購買率が格段にアップします。


写真の例では


品番アイテムで分類していた陳列をカラーでくくり直して陳列替えした例です。





陳列の切り口を変えてみるタイミングは

1.動きが鈍ったとき
2.売れてしまい品欠けしてきたとき


少しの基本の知識を使って見え方を新鮮に保てば


売れるチャンスは何度でも作っていけますよ。




********************

2012年みなさんはどんな年でしたか???


2013年はどんな年にしたいですか???


そんなこと考える間もなく、大晦日の今も売り場で頑張っている方も多いでしょう!


小売業の宿命・・・・・!


できるだけ多くの店舗様が「元気に楽しく売れるお店」になることが


私の夢です(^^)!・・・


どうぞ来年もよろしくお願いいたします。


いつも読んでいただきありがとうございます。


良いお年をお迎えくださいね!

  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 23:19Comments(0)実技

2012年12月28日

新春キャンペーンのお知らせ!



寒いので久しぶりにクリームシチューを作りました。


仕上げは豆乳で^^


マッシュルームをバターで炒めて


一緒に煮込んでみました。


ん~~~~いい風味でGOOD!


(週末はコンサルタントブログはお休みいたします。今週も読んでいただきありがとうございます)



<2013年新春キャンペーンのお知らせです>
店舗コンサルタントという存在を聴きなれない方も多いと思います^^


私自身がよくお尋ねされるのが以下のようなご質問です^^;


■店舗コンサルティングってどんなことをするのでしょうか?

■期間はどのくらいかかるのですか?

■料金は高いのでしょうか?

■本当に短時間で成果が出る場合があるのですか?

課題や悩みがあってもどんなことを行うのかわからないのはとても不安だと思います。


今回のキャンペーンで短時間でわかりやすくコンサルティング内容をお伝えできます。


また次ような質問も良くされます。


■恥ずかしいくらいごく基本的なことから聞きたいのですが・・・

■お店の何がいけないのかわからないままお願いしてもいいのでしょうか?

■実は問題のあるスタッフに困っていますがそんな相談でもいいのでしょうか?

etc・・・・

これらはもちろんすべてOK!大丈夫です。


時にはこんなご質問も・・・!

■実は以前別の外部コンサルタントが入ってうまくいかなかったのですが・・?

おそらく誰かが悪かったのではなく「やり方」「手順」が違っていただけです。

正しく診断すれば必ず成果が出てプラスになります。


番外編でこんな質問も!

■・・・あの~、怒られませんか?・・・
 怒ったりしませんよ~^^ でも知らない人にドキドキするのはとてもよくわかります!

店舗のコンサルティングは「診断」から始まります。

店舗は形があるのでコンサルタントの初回の診断で課題点や解決策は80%以上わかります。

早ければその日に速攻で改善するケースもあります。

2013年の新春キャンペーンは初回の店舗診断通常価格60分10,000円を、

新春お試し特別価格5,000円!

にて承ります!



<キャンペーン期間>  今回2013年2月15日までにお申込みいただいた店舗様に限らせていただきます。

<内容> 店舗視察 店舗責任者の方との面談 店舗写真撮影 を行います。

       後日診断レポートを作成しお持ちいたします。 (遠方の店舗様は交通費のご相談をさせて頂くことがございます)

お申し込みはコチラ



info@gea.co.jp までお願いいたします。お申込み者様のお名前とご連絡先をご記入くださいませ。こちらからご連絡をさせていただきます。


ご興味のある店舗様、一度診断してみたい店舗様、緊急でお悩みの店舗様など


このチャンスにぜひ現場のプロの店舗診断を受けて見られませんか?


現在お問い合わせが多くなっております(๑≧౪≦) 


ぜひお早めにご相談ください!


店舗でご活躍の皆様、いよいよとしも押し迫ってまいりましたが

多くの店舗ではお休みも少なく大変だと思います。

お体には十分気をつけてお正月商戦を乗り切ってくださいね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 18:25Comments(0)お知らせ

2012年12月27日

原因不明の不振の原因とは?

K社様の市内のショップの店長からご相談がありました。


「最近売上不振だが何が悪いのかわからない」


という内容でした。


早速お店を見に行くと、


「店内に動きがない」

ことが原因とすぐに分かりました。


動きを出すとは「空気を動かす」こと。


お客さまが多く入店している時は空気が動き


自然と次の入店客を呼びますが


そうでないときは「自分たちで空気を動かす」

ことが必要です。


方法としては


■ 声を出す
  お声がけの第一声を大きく出し、それを合図に全員がご挨拶のお声がけをする。


■ 店内を動く  
  じっとしている時間をなくしましょう。何かしら作業を見つけて動くこと。


空気が動かなくなる原因はなんでしょう?


それは


「受身で仕事をしている」こと。


何かを待ってるのだろうけど、


待っててもなにも起こりません 笑(*゚▽゚*)


店舗から動くことはできませんが 苦笑(((o(*゚▽゚*)o)))


「待つ」のではなく「何かを創造する」ために


常にを動かしていないといけないのです。





自分たちが空気感を作ってお客様を呼び寄せるサイクルができてからは


そのショップでは原因不明の売上不振はなくなりました。





   


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 22:57Comments(0)仕事の心構え

2012年12月26日

魔法の言葉

仕事の組織の中に人がいれば


そのメンバーは常に仕事能力を比較されます。


この比較は「刺激剤」となるので組織目標を達成するのに不可欠です。


しかし、この刺激は時と場合、そして人により「ストレス」にもなりえます。


特にまだ能力が高くないスタッフや、調子が良くない時などは



特にマイナスモードになりがちです。



良い刺激のはずがストレスにならないためにリーダーや責任者は



魔法の言葉が必要になります。



それは


「これは●●さんだから任せる。頑張ってもらいたい」

という言葉です。



そして



ささやかな仕事であっても「●●さん」に任せる「理由」も添えてください。



丁寧だから  早いから  センスが感じられるから  



皆のお手本になるから 粘り強いから ミスが少ないから  などなど。
 
   

誰だって奮起する魔法の言葉です。



けれど言葉に出さないと効きません 笑



嘘だと思ったら明日から使ってみてください。



スタッフが生き生きと動き始めますから。





次回マネジメント③は「上司とうまくやるには?」


  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 22:45Comments(0)マネジメント

2012年12月25日

テクニックを超えるもの

アプローチは接客のスタートにとても大事な瞬間です。

早過ぎてもだめ。

遅過ぎたらもっとだめ。


その時おかけする言葉も大切です。

ありきたりよりは意表を付く方がいいけれど

いつも意表をつけばいいかというと

ごく普通の「何かお探しですか?」がお客様にハマる場合もあります。



結論からいうと

毎回のアプローチはすべて同じではダメ。

すべて違うアプローチをすること。


すべての接客にオリジナルのアプローチをしましょう。


オリジナルのアプローチのためにひとつだけ毎回同じにしなければならないことがあります。

それは



自分の心を「無」にしておくこと。


「無」=先入観・悲観・楽観・疑い・不安・焦りを持たない心の状態。


嘘だと思いますか? ぜひ一度やって見て。

面白いようにお客様が心を開いてくれますよ。







  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 22:32Comments(0)仕事の心構え

2012年12月24日

お客様を立ち止まらせる●●●の絶大パワー

通路から見たウィンドウアピールはカラーで目立たせるのがいちばんです。

この例は「イエロー系」と「グリーン系」をチョイスしてボディを中心に棚陳ボックスの

一つ一つを小さなディスプレイゾーンにするつもりで並べてみました。


このウィンドウの前に立ち止まる人が増え入店数がかなり上がりました。

2週間後にカラーを「赤系」と「ピンク系」に変更し、ガラッと変わった感じを出したところ

途切れずにお客さまが入りその月の売上は138%にアップしました。



テーマカラーを決めて打ち出すにはカラーが見分けられることが大切です。

例えば同じグリーン言っても「黄緑」や「青緑」とかなりの色数があります。

グリーンを見たときに

「黄色」によっているか

「青」によっているか

見て分類できるようになれば売場でのカラー配列の基本は大丈夫です。



普段からカラーの微細な違いを良く見る癖をつけていけば

カラーセンスは誰でも格段に上がり効果的なお店づくりに力を発揮できます。




次回は「カラーの見分け方レッスン」

  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 21:58Comments(0)コミュニケーション

2012年12月21日

2013新春キャンペーンです

また急に寒くなりましたが、お庭の彩りがさみしいので寒さに強いシクラメンを植えました!



シクラメンは強いので気温が低くてもずっとお花が咲き続けます。

今日は雨が降ったので、雨粒が花びらについてとてもきれいです。。。。

byあやこ^^



<2013年新春キャンペーンのお知らせです>
店舗コンサルタントという存在を聴きなれない方も多いと思います^^
私自身がよくお尋ねされるのが以下のようなご質問です^^;

■店舗コンサルティングってどんなことをするのでしょうか?
■期間はどのくらいかかるのですか?
■料金は高いのでしょうか?
■本当に短時間で成果が出る場合があるのですか?

このような疑問は当然で、課題や悩みがあってもどんなことを行うのかわからないのはとても不安だと思います。
今回のキャンペーンで短時間でわかりやすくコンサルティング内容をお伝えできます。


また次ような質問も良くされます。

■恥ずかしいくらいごく基本的なことから聞きたいのですが・・・
■お店の何がいけないのかわからないままお願いしてもいいのでしょうか?
■実は問題のあるスタッフに困っていますがそんな相談でもいいのでしょうか?
etc・・・・
これらはもちろんすべてOK!大丈夫です。


時にはこんなご質問も・・・!

■実は以前別の外部コンサルタントが入ってうまくいかなかったのですが・・?
おそらく誰かが悪かったのではなく「やり方」「手順」が違っていただけです。
正しく診断すれば必ず成果が出てプラスになります。

番外編でこんな質問も!

■・・・あの~、怒られませんか?・・・
 怒ったりしませんよ~^^ でも知らない人にドキドキするのはとてもよくわかります!

店舗のコンサルティングは「診断」から始まります。

店舗は形があるのでコンサルタントの初回の診断で課題点や解決策は80%以上わかります。

早ければその日に速攻で改善するケースもあります。

2013年の新春キャンペーンは初回の店舗診断通常価格60分10,000円を、

新春お試し特別価格5,000円!

にて承ります!

<キャンペーン期間>  今回2013年2月15日までにお申込みいただいた店舗様に限らせていただきます。

<内容> 店舗視察 店舗責任者の方との面談 店舗写真撮影 を行います。
       後日診断レポートを作成しお持ちいたします。 (遠方の店舗様は交通費のご相談をさせて頂くことがございます)

お申し込みはコチラ



info@gea.co.jp までお願いいたします。お申込み者様のお名前とご連絡先をご記入くださいませ。こちらからご連絡をさせていただきます。


ご興味のある店舗様、一度診断してみたい店舗様、緊急でお悩みの店舗様など

このチャンスにぜひ現場のプロの店舗診断を受けて見られませんか?


週末はコンサルタントブログはお休みいたします。

店舗でご活躍の皆様、クリスマスも近いこの週末商戦がんばって戦いぬいてくださいね~♪ 応援しております。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 23:39Comments(0)お知らせ

2012年12月20日

強化販売やフェアで大切なこと

コンサルティングの実際の事例をご紹介いたします。


<アパレルG社様天神店>

10月度は「デザインワンピース」の強化販売をしたいというご要望でした。


在庫が揃っている特定のアイテムの売上を上げるにはまず


「売場のどの場所に置くか」


今回は店舗の正面右側の壁面ラックへ展開。ターゲットであるお客様が手に取りやすく敷居が高く感じない陳列を行いました。


次に「誰がいくら売るか」


中堅スタッフと店長で売り上げの5割を、ベテランスタッフAさんが3割、新人スタッフBさんにも2割の売り上げ目標を割り振りました。


次に「セールストーク」
ロールプレイングで接客内容を確認していきますが、ポイントは3つです。

① 商品知識に甘い点はないか
   特に新人スタッフはベテランスタッフの知識を聞いて共有します。

② 見せすぎていないか
   お客さまが迷いにくい点数3点を短時間で絞り込めているか

③ なぜ今このアイテムがお勧めなのかを伝えられているか
  不明確な問いかけ(とにかくおすすめです!みたいな)には不明確な結果(売上未達成)が返ってきます。明確におすすめ理由を3つ以上お伝えします。


90分のロールプレイング指導で最後に目標を再確認して翌日からフェアがスタート。しっかり準備を行ったらあとは売るだけ。2週間で目標予算の123%を達成できました。



実は特定アイテムの強化販売で一番大切なこと。


それは「期間内に絶対売り切る!」という決意です。




  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 21:28Comments(1)実技

2012年12月19日

人は人で悩むけれど



店舗運営とは以下の3つのマネジメントを行うことです。

■ 人
■ モノ
■ お金(売上)


どの管理も重要で大切ですし3つが同時にうまく運営出来て初めて利益が出せます。


コンサルティングをしていると「人」のマネジメントで悩む管理者の方が圧倒的に多いことがわかります。


経営管理側の思い通りにならないのが、人。


その中でも「モチベーション」の上げ方が難しいという声を多くお聞きします。


モノの管理もお金も管理も、結局携わるのはヒトですから、店舗=人 であることは皆さん実感されていることでしょう。


モチベートされる価値観がそれぞれの個人で違いがあり、簡単にひとくくりにはできません。


けれど一つだけ共通のモチベートの要素があります。


長年のコンサルティング経験から、それは「自分が必要とされること」だと感じます。


次回「店舗マネジメント②」は「組織心理とは」です。  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 23:28Comments(0)マネジメント

2012年12月18日

さりげなさすぎてよくわからないのは・・・

モノを売る「物販」、いわゆる接客販売はビジネスの縮図です。


ほとんどのビジネスは全て以下の流れをたどります。


アプローチ


質問


傾聴


まとめ


提案


クロージング


店頭の販売場面では「最初のお声掛け」=アプローチのタイミングが難しいという悩みがダントツです。


実はこのビジネスの縮図の段階のアプローチからクロージングまでの流れは、


最初の段階ほど難しいのにあまり力を注いでいない→最後の段階ほど簡単なのに力を入れすぎる


人が多い傾向があります。


実はアプローチが一番難しく、教えることが困難な接客技術の一つです。それだけで、何十冊も本がかけそうなくらい^^。


しかし、現場のスタッフの実感とは裏腹に上部から「クロージングをしっかり!」とはっぱをかけられることも多いのでは?


現実にクロージングはとても簡単です。それにはアプローチが成功してからの途中の流れで何をするかということ。


売上を取れる販売員がこの流れの中で行っていることは「信頼構築」です。

これができていればクロージングで押さなくても「これにします」とお客様からおっしゃいます。



実はアプローチは、難しいといえども考えすぎると失敗します。


最も難しいことは、もっともさりげなく行われています。













  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 23:25Comments(0)コミュニケーション

2012年12月17日

これをやれば絶対売れる陳列法

ブックストア様からクリスマス絵本の陳列方法についてのアドバイスを求められたので陳列例をつくりました。

時間は5分程度。

少しのポイントを知っていればこのように手に取りやすく楽しい陳列が完成です。

今回のポイントは、






①分類する

まず、タイトルに「クリスマス」と入っているものをおおまかに集めます。

②高低を作る
  
壁面に立てているものはサイズの大きなもの→小さなものの順に並べる。
平置きの間に「立てるディスプレイ」で目線を引く部分を作る。

そして最後のポイントは・・・

必ず「POP」(ポイントオブプレゼンテーション)をわかりやすく立てて置くこと。

たったこれだけで、誰でも効果的に売れる陳列が作れます。店舗の商品陳列でお悩みなら是非お試しくださいね♪  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 23:37Comments(0)実技

2012年12月02日

自信の真相

たくさんの生徒の中には研修で全く笑顔や大きな声を出せない人が居る。

お腹から出す、とか口を大きく開ける、とか方法論はいろいろあるけれど、心理的に何かがネックになっている。

「大きな声や笑顔が出ないのはなぜだと思う?」

「・・・自信がないからです」

「何に自信がない?」

「自分の動作とか表情とか、、、人から見て、、正しいのかどうか、、」

「特にどこが自信がないですか?」

全部です(即答)」

「自分の全部?」

「はい・・・・(暗い顔)」

「いつからですか?」

「・・・・?・・・えと・・(困り顔)」

「生まれた時からですか?」

「・・・・・高校のとき、いろいろあってからです・・」

「じゃあ、中学までは大丈夫だったのね」

「・・・・・・(不思議そうな顔)」

「あなたが自分にただの一つも自信が持てなくなってしまうようなこと、高校生のときに誰が言いましたか?」

「・・・・・(真剣顔)」

「自分に全くいいところがないって誰が言ったか覚えてますか?」

「・・・・・(うつむく)」

「もう、そのメッセージは捨てましょうよ。あなたが言われたそのメッセージは間違い。誰かに言われたことをあなたが真に受けて、そう思い込んでる幻想だから」
  


Posted by 小路文子(こみちあやこ) at 23:26Comments(0)自己分析